死後離婚をしても遺産は相続出来るのか? 分かり易く解説します

ABOUTこの記事をかいた人

秋山 清成

相続のご相談なら、秋山税理士事務所へ。税務署で40年以上相続を取り扱ってきた税理士が、相続対策や節税方法、相続税申告、贈与税についてのご相談など親切丁寧にサポートいたします。SRS(相続リモートサービス)にて全国のお客様に対応しております。どうぞお気軽にご相談ください。

    死後離婚とは配偶者の方が亡くなった場合、その人の親族と同じお墓に入りたくないと、(主に女性側が)旦那・旦那側の親族との関係を断つ事をいいます。

    実はこの死後離婚を望んでいる女性が、年々増加をして来ているのです。

    死後離婚の主な原因

    少し悲しい話ですが、死後離婚の数が最近増加してきている原因としては、以下の様な残された配偶者側の意見が見られます。

    1、夫が亡くなってまで、姑や親族と付き合いたく無い

    2、縁のない土地で夫やその両親と同じお墓に入りたく無い

    3、夫・夫の親族の事が婚姻継続中から嫌いだった

    大体上記が死後離婚に踏み出される主な理由の一部です。

    さらに上記理由の2に関しては、死後離婚を求むなんと6割もの女性が多かれ少なかれ思っている・思った事があるとの事でした。

     

    死後離婚をする為の手続き方法と、受理後の配偶者の権利

    結婚すると配偶者の父母や兄弟などの間に、姻族と呼ばれる関係が出来ます。

    この姻族というのは、配偶者の血族」のことです。
     

    少し難しい言葉ですので詳しく図で説明をしますと

    ・血族 自分自身と血の繋がりがある人達


    ・姻族 配偶者側の血族及び血族の配偶者

     

    と定義づけられ、例え血のつながりがなくても結婚によって、いわゆる親戚となるわけです。

    基本的にこの姻族という関係性は、離婚すると自動的に消滅しますので、その場合は、終了届を出す等の手続きは必要ありません。

     

    しかし、配偶者が亡くなった時は、姻族関係はそのまま継続されます。

    なので配偶者の死後、配偶者の血族との縁を切りたい場合は「姻族関係終了届」を提出する必要があるのです。

    この書類を提出するのに、難しい姻族間のすり合わせ等は一切ありません。

    姻族関係を終わりにするかどうかは、本人の意思自由に決めることができ、配偶者の血族の了解は不要です。

    また、家庭裁判所への申立も不要で、届出を提出するだけで手続きは完了します。
     

    姻族関係終了届を提出して、姻族関係を終わりにしても、戸籍はそのままの状態となります。

    戸籍も配偶者の戸籍から別にし旧姓に戻りたいときは、復氏届を提出しなければなりません。
     

    このように姻族関係終了届は、配偶者の血族との親戚関係を終了される物であるので、配偶者の父母や兄弟姉妹などの扶養義務もなくなります。

    この届出は、配偶者の死亡届が受理された後であれば、いつでも提出できます。

    なお配偶者の遺産を相続した後に姻族関係終了届を提出した場合でも、相続した遺産を返却する必要はありません。

    さいごに

    死後離婚を考える女性側の主な意見を見ると、男性側の視点ではかなり心にくる物があります。

    ですが現在この死後離婚が増加している事を鑑みれば、このページを読んでいる男性陣は、自分の所は大丈夫と最初から高を括るのでは無く、もう一度奥様との関係を見つめ直してみる良いキッカケとなるかもしれないですね。

     

    相続に関する全記事はこちら
    贈与に関する全記事はこちら
    認知症対策に関する全記事はこちら
    相続についての耳より情報はこちら

    パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

     

     

    ※スマーフォンからの場合、アイコンをタップすると電話が掛かります。