不動産の相続登記はメンドクサイ? 相続登記を怠るとデメリットしかないですよ!

ABOUTこの記事をかいた人

秋山 清成

相続のご相談なら、秋山税理士事務所へ。税務署で40年以上相続を取り扱ってきた税理士が、相続対策や節税方法、相続税申告、贈与税についてのご相談など親切丁寧にサポートいたします。SRS(相続リモートサービス)にて全国のお客様に対応しております。どうぞお気軽にご相談ください。

    相続税には土地や建物の登記の有無は関係ないのですが、登記は相続税の申告ように期限がありません。
     

    登記をしないからといって罰則はないのです。
    だからという意味ではありませんが、亡くなった方の名義のままで登記をしていない不動産は時々見かけます。
     

    売却などする場合に登記すればよいと考えておられるようですが、住んでいる土地や家は売却することなどは稀ですから、登記の必要性を感じられないのだと思われます。
     

    相続登記のデメリット

    しかしながら、登記名義人が亡くなった場合はその相続人が
    その土地や家の権利者となります。
    将来に、相続人が亡くなると更にその相続人が権利を持つことになりますので、
    権利者はピラミッド型に増えていくのです。
     

    孫や曽孫などがこの土地や家を相続登記しようとすれば、全国に散らばった権利者を訪問などして実印と印鑑証明書を貰う必要がありますので、相続が発生して間もない内に、家族の実印や印鑑証明書で済むうちに登記をしておかれることをお勧めします。
     

    登記は義務ではないだけに、怠ると将来が大変です。将来、孫や曽孫に「なぜ、登記してくれてなかったんだ!」と、けなされることになりかねません。

     

    相続に関する全記事はこちら
    贈与に関する全記事はこちら
    認知症対策に関する全記事はこちら
    相続についての耳より情報はこちら

    パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

     

     

    ※スマーフォンからの場合、アイコンをタップすると電話が掛かります。