贈与税の110万円基礎控除は 基本中の基本でもあり最高の節税策

 

贈与税の特例もさまざまですが、中には特例の内容を良く知った上で活用しなければいけないものや、あまり効果のない特例もあります。

 

ここでは私が経験上考える一番の相続税の節税策であろう110万円の基礎控除の活用について説明したいと思います。

やっぱり最高の相続税の節税策は年間110万円の贈与

オースドックスですが、何と言っても110万円の贈与を使った節税策が一番です。 
 

この110万円の贈与とは、

➡贈与してもらう側が1年間に受け取る金額が110万円以内であれば

贈与税も掛かりませんし、

➡税務署に贈与税の申告書を提出する必要もない

というものです。


 

 

それは『110万円の基礎控除』というのは、

〝贈与してもらう側が1年間に貰える贈与の非課税額〟のことを指すということです。

 

贈与する側には非課税額の制限はありません!

どういうことかと言いますと、

110万円を上限とする非課税額が設けられているのは、あくまでも贈与を受ける側の人に対してですので、

贈与する側(お金を出す側)には非課税額の制限はありません。

 

例えば、子供が2人孫が4人でしたら1年間に660万円のお金を贈与することができ、

それを10年間続けると、なんと6,600万円もの財産を無税で次の世代に移す事が出来る訳です!

 

6,600万円の贈与が無税で出来る、凄く大きいですよね!

 

 

『贈与の110万円控除』は、期間が長ければ長いほど有効です。

ですが現状においては相当の資産家であっても多くの方が、このような簡単な相続税の節税策すら採っておられないのが実情なのです。

 

この『110万円の贈与』は言うまでもなく、期間は長ければ長いほど有効です。

言い換えれば、長期間の贈与が可能ですから、贈与を行う年齢が若ければ若いほど有効ということが言えます!

 

相続に関する全記事はこちら
贈与に関する全記事はこちら
認知症対策に関する全記事はこちら
相続についての耳より情報はこちら

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

 

 

※スマーフォンからの場合、アイコンをタップすると電話が掛かります。