姫路で相続のご相談なら秋山税理士事務所へ(相続専門)

高額な相続税の支払いにも慌てない!生前に納税資金を確保しておく3つの方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
秋山 清成
相続のご相談なら、秋山税理士事務所へ。税務署で40年以上相続を取り扱ってきた税理士が、相続対策や節税方法、相続税申告、贈与税についてのご相談など親切丁寧にサポートいたします。SRS(相続リモートサービス)にて全国のお客様に対応しております。どうぞお気軽にご相談ください。

 

〝相続した財産に掛かる税金が高過ぎて、相続税が支払えない!〟

このような事態に陥った場合に取れる方法としては、

 

1⃣相続した不動産を売却する

2⃣相続財産を担保に金融機関から借入をする

3⃣相続税の延納・物納制度を利用する

4⃣相続放棄をする

という4つの方法があると、下記の記事でお話をしました。

 

 

ですが、そもそもとして『相続税が払えないという状況に陥らない為の方法』が、被相続人が亡くなる前に実行出来るのであれば、

キチンと生前から対処をしておくべきなのです!

 

なので今回の記事では、

➡納税資金の確保は生前から行っておくべき理由と、

➡生前に納税資金を確保しておく3つの方法について、

分かり易く解説をして行きたいと思います!

納税資金の確保は生前から行っておくべき理由

先生!

以前のお話の時に、

「そもそもとして相続税が払えないという状況に陥らない方法が取れるのならば、被相続人の方が亡くなる前に対処しておくべき!」って話をされていましたが、

 

相続が発生した後でも納税資金が確保出来るのなら、別に生前から納税資金の準備なんかしていなくても問題ないんじゃないですか?

 

いえいえ、灯さん

被相続人が亡くなられた後に取れる4つの対処法については、

あれはあくまでも『相続発生後から法定申告期間の10か月の間に取れる最適な手段』というだけで、

〝ベストな選択肢ではないのです〟

 

ベストではない・・・?

 

そうです。

やはりどうしても相続が発生してからの納税資金の確保は、その場しのぎ的な面が大きく、資金獲得の際に下記の様なデメリットも同時に抱えてしまいます。

 

ですので納税資金の確保については、やはり被相続人が、

〝生前から準備を行っておくことが〟

遺された家族にとって精神的にも・金銭的にも負担が少なくオススメです!

 

なるほど~。

余分な利子の支払いや、売却する不動産を安く買い叩かれない様にする為にも、

相続税においては『生前から納税資金の準備をしておくことが肝心なんですね。

 

その通りです、灯さん!

 

 

生前に納税資金を確保しておく3つの方法

ではここからは生前に納税資金を確保しておく3つの方法について、具体的に説明していきたいと思います。

 

はい、お願いします!

 

生前から資産の構成内容を変えておく(不動産等の現金化)

相続の発生後、納税資金のために不動産の売却を急ぐと、不動産業者に買い叩かれる可能性があることは先にも書きました。

土地の売却には時間がかかるので、生前にあらかじめ売却をしていれば、じっくりと不動産業者と取引をすることもできますし、相続の際に納税資金に困ることもありません。

 

また、不動産を生前に売却しておくと、納税資金に充てられる以外にも以下の様なメリットがあるんです!

 

➡遺産分割のトラブル防止

不動産は均等に分けることができないので、複数の相続人がいる場合その不動産の分け方を巡ってトラブルになる可能性があります。
現金化をしておけば、遺産分割のときに財産をわけやすくなります。

➡固定資産税の削減

賃貸のニーズもなく駐車場等にも活用しにくい土地の場合は、そのまま所持していても相続をしても、固定資産税が掛かるだけです。
売却をしてしまえば、現金化もできて固定資産税を払う必要もありません。

➡不動産の維持・管理が不要

不動産は、人に貸していても空地でも、維持・管理をする必要があります。
不動産が遠方にあり、近くに維持・管理をお願いできるも人いない場合は売却をした方がいいケースもあります。
売却をしてしまえば、管理も不要になりますし維持費も掛かりません。

 

なるほど。

相続しても困るような不動産の場合はとくに、納税資金のためにも売却をしてしまえばいいんですね!

でも・・・メリットがあるってことは当然、デメリットもありますよね??

 

そうですね。

デメリットと言うよりは、納税資金のために不動産を売却・検討する際には、以下のような点に注意が必要です。

 

➡現金化すると相続税の評価が高くなる

不動産よりも現金の方が相続税評価額が高いので、不動産を売却して現金化をすると相続税の評価額が高くなってしまいます。

➡収益が得られなくなる

土地や建物を貸している場合、その不動産を売却して所有権を失うわけですから、当然、今まで得ていた収益は得られなくなります。

➡譲渡所得税が掛かる

不動産を売却して得た利益(譲渡所得)には所得税が掛かるので、売却した翌年の2月16日から3月15日までの間に確定申告をする必要があります。

 

また、子供の頃に過ごした実家など、思い入れのある不動産の場合は、売却の判断をすること自体が難しいかもしれませんね。

その場合は、次の方法を検討してみましょう。

 

生前から贈与を活用しておく

納税資金の準備にも最適です。

1年間に取得した財産の合計額が110万円以下であれば贈与税はかからず、申告も不要となります。このお金を毎年子どもたちへ贈与することで、子供たちは納税資金を準備することが可能です。

 

 

生前から生命保険加入を活用しておく

 

相続財産の中に現金が少ない場合、事前に生命保険に加入していれば、受け取る生命保険金を相続税の納税資金に充てることができます。

生命保険の非課税限度額 事例

このような場合、受け取った保険金には相続税は、一切掛からず2,000万円は納税資金に充てる事ができます。

 

生命保険は、納税資金の準備にとても役に立ちます。
相続のときに、自分が死亡し、妻が保険金を受け取ると、税法上は相続財産とみなされます。受け取った保険金も入れて、相続税は計算されます。
ただし、妻が受け取る保険金のうち、
生前に行っておくべき相続対策の3つのポイント
 
たとえば、夫妻と子供が3人がいる場合

妻と子供3人が法定相続人であるため、500万円×4人の2,000万円までの保険金は、相続財産とみなさなくてもよいこととなっております。

2,000万円を超えた保険金には、相続税が課税されます。

 仮に銀行にお金を預けているだけであれば2,000万円には相続税が課税されます。この相続税を課税されないためにも2,000万円の生命保険には入ることで節税をすることもでき、かつ、このお金を納税資金に充てることも可能です。

生前に行っておくべき相続対策の3つのポイント

生命保険には、「終身保険」や「養老保険」など、支払った保険料のうちほぼ100%戻ってくる商品もあります。
保険料は掛け捨てしかないと思っている方も多くいるのですが、その考えは間違っております。もちろんほぼ100%戻ってくる商品であっても死亡したり、病気になったときには、保険金も支払われます。
つまり、支払った保険料がそのまま戻ってきて、かつ節税や納税準備資金となるので、貯蓄型の生命保険は非常に効果的な方法となります。
 
保険の商品の選び方ですが、必ず終身保険を選ぶようにしましょう。

 

 

生前に納税資金を確保する為には、相続税がいくら掛かるのかを把握しておくことが大切

 

 

 

 

 

相続に関する全記事はこちら
贈与に関する全記事はこちら
認知症対策に関する全記事はこちら
相続についての耳より情報はこちら

パソコン用の画像

スマートフォン用の画像

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
秋山 清成
相続のご相談なら、秋山税理士事務所へ。税務署で40年以上相続を取り扱ってきた税理士が、相続対策や節税方法、相続税申告、贈与税についてのご相談など親切丁寧にサポートいたします。SRS(相続リモートサービス)にて全国のお客様に対応しております。どうぞお気軽にご相談ください。

Copyright© 姫路で相続のご相談なら秋山税理士事務所へ , 2019 All Rights Reserved.