知らないと損をする相続・贈与税

ABOUTこの記事をかいた人

秋山 清成

兵庫県姫路市で相続なら、秋山税理士事務所へ。税務署で40年以上相続を取り扱ってきた税理士が、相続対策や節税方法、相続税申告、贈与税についてのご相談など親切丁寧にサポートいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

    こちらでは、知っておいて損はしない相続税・贈与税の特例などについて基本的事項を紹介します。

    相続税法などは、税理士か税務職員でなければ接する機会はなく、なじみの薄い税法です。

    しかしながら、概要だけでも頭に入れておかれると将来の相続税の節税にもつながりますから、この機会に是非一読してみてください。

     

    基本的な特例・措置法等の紹介

    相続税・贈与税の特例等の紹介

    全く無駄な相続税の節制策

    相続税の節税策では間違った節税策や全く無駄な節税策を行っておられる方がいます。

    ここでは、全く無駄であった相続税の節税策を紹介します。

    詳細はこちら

    相続時精算課税制度

    相続時精算課税制度は、制度を適用してどのような財産でも贈与を受けたら良いというものではない。

    相続時精算課税制度は相続税法第21条の9に規定されています。

    詳細はこちら

    不動産登記を怠ると、デメリットしかない

    相続が発生して、不動産の相続登記を怠るとどのようなことになるか?

    なるべく早い段階での不動産の相続登記が、将来のあなたの親族の助けになります。

    詳細はこちら


    非上場同族株式等についての納税猶予

    細かい条件があって、条件をクリアするにはハードルが高い。

    非上場株式等についての贈与税の納税猶予は租税特別措置法第70条の7に規定され、非上場株式等についての相続税の納税猶予は租税特別措置法第70条の7の2に規定されています。

    詳細情報はこちら

    教育資金及び結婚・子育て資金の一括贈与

    そもそも親が出す教育資金に贈与税が掛かっていたの?
     

    教育資金の一括贈与を受けた場合は租税特別措置法第70条の2の2に規定され、結婚・子育て資金の一括贈与を受けた場合は租税特別措置法第70条の2の3に規定されています。

    詳細はこちら

    相続の際は、デジタル遺品にご用心

    デジタル遺品。 

    あまり聞き慣れない言葉だと思いますが、デジタル遺品が具体的に相続税とどのように関連して行くのでしょうか?

    →作成中


    死亡した人が残した不動産は相続登記をすると相続税が掛かってしまうのか?

    相続税は、不動産の相続登記をしたり預金を相続人間で分けたらかかるものと思ってる方がたくさんおられますが、

    相続税がかかるかからないは、相続税の基礎控除を超す財産があるかないかであって、相続登記などをするしないは全く関係ありません。

    詳細はこちら

    贈与税の110万円基礎控除

    やっぱり最高の相続税の節税策は年間110万円の贈与

     

    相続税法第21条の5及び租税特別措置法第70条の2の3の規定です。

    詳細はこちら


     

     

    ※スマーフォンからの場合、アイコンをタップすると電話が掛かります。