姫路で相続のご相談なら秋山税理士事務所へ(相続専門)

親が亡くなる直前に贈与を受けたら贈与税がかかる?相続税がかかる?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
秋山 清成
相続のご相談なら、秋山税理士事務所へ。国税局・税務署で40年以上相続を取り扱ってきた税理士が、相続対策や節税方法、相続税申告、贈与税についてのご相談など親切丁寧にサポートいたします。SRS(相続リモートサービス)にて全国のお客様に対応しております。どうぞお気軽にご相談ください。

先日読者の方からこんな質問を頂きました。

 父が先日亡くなりました。
亡くなる前日に450万を手渡しされました。
この場合いくら税金を納めないといけませんか?
あといつ申告をしたらいいのでしょうか?

というものです。

 

先に結論をいいますと、

今回の質問者さんの場合、
贈与者であるお父さんが亡くなっていますので、贈与税だけではなく、相続税についても考えなくてはいけません!

なぜなら、贈与を受けた年に贈与者の方が亡くなった場合、

➡贈与を受けた人が、亡くなった方の財産を相続するか、しないかによって
➡贈与を受けた財産に掛かる税金の種類が変わり
➡税額や申告期限も大きく異なって来るからです。

そこで今回の記事では、

1月1日から12月31日までの1年間の間に贈与を受け、その年の間に相続が発生した場合、

贈与者の方から貰った財産が、

➡『贈与税の対象』となるのはどんな場合か?

➡『相続税の対象』となるのはどんな場合か?

という所をそれぞれ解説していきたいと思います!

 

【この記事の内容を動画で見る】

この記事と同じ内容を、【動画】でも見て頂けます。

記事を読みたい方は、このまま下に読み進めて下さい。

 

 

贈与者が亡くなった年に贈与を受けた財産が『贈与税の対象』になる場合

これは、贈与を受けた人が贈与者の財産を1円も相続しない場合です。

例えば、
質問者さんが、お父さんの財産を1円も相続しないなら、

➡亡くなる前日にお父さんから貰った450万円は
➡贈与税の対象になるんですね。

 

贈与税の計算

・まず1年間に貰った財産の合計から
・贈与税の基礎控除110万円を引いて
・そこに贈与税の税率を掛けて
・そこから税額控除額を引きますから、

・今年の1月1日~12月31日の間に受けた贈与が
 お父さんからの450万円だけだった場合

・贈与税の基礎控除を引いた課税対象額は340万円ですから、

➡税率は15%で税額控除は10万円ですね

 

・340万円に15%を掛けて10万円をひきますと・・・

 

➡贈与税は41万円という事になります。

 

では、贈与税の申告と納税はいつすればいいかといいますと・・・

これは、
➡来年(2021年)の確定申告時期が
➡申告と納税の期限になりますので、
質問者さんの住所地を所轄する税務署に提出するようにして下さい。

と、まぁここまでは贈与税が掛かる場合について説明しましたが、
実際には親の財産を1円も相続しないという方は殆どいらっしゃらないと思いますので、

次はお父さんの財産を相続する場合はどうなるのかと言うところを説明します。

 

贈与者が亡くなった年に贈与を受けた財産が『相続税の対象』になる場合

これがどんな場合かといいますと、先ほどとは逆で、贈与者の財産を相続する場合です。

つまり、質問者さんがお父さんの財産を相続するなら、亡くなる前日にお父さんから貰った450万円は、
➡贈与を受けたのではなく
➡お父さんから相続した物として
➡相続税の対象になるんです。

 

これは「贈与税の3年内加算」と言いまして、

➡亡くなった方から1円でも財産を相続した人は、
➡亡くなる3年以内に貰ったお金については、
➡相続税の計算において相続財産に加算しますよ!

という制度になります。

では、この場合相続税はいくら掛かるのか?なんですが・・・

相続税というのは
➡亡くなった方の財産が
3,000万円+600万円×法定相続人の人数という
相続税の基礎控除額を超えた部分に掛かるんです。

つまり、

亡くなった方の財産額・家族構成が分からないと計算できません

なので今回は仮に家族構成を
・亡くなったお父さんと
・既に亡くなってるお母さん
・そして相続人は質問者さんと兄弟の2人としまして、

お父さんの財産を 4,450万円とします。
これは、質問者さんが直前に受けた贈与450万円を含めた金額です。

今回は、お父さんは亡くなる3年以内に、質問者さんが貰った450万円以外の贈与をしていない。
という前提で相続税を計算しました。

まず、相続税が掛かるか、掛からないかというところなんですが、

相続税の基礎控除は3,000万円+600万円×2人ですから4,200万円ですね。
お父さんの財産4,450万円から基礎控除を引くと、250万円余るので、
ここの部分に相続税が掛かることになります。

 

相続税の計算方法は説明が長くなるので省きますが、

この場合、家族全体で払う相続税は25万円になるんですね。

 

この25万円を、相続した財産額に比例して各相続人に割り振るので

仮にですが、質問者さんがお父さんの財産の半分を相続した場合、質問者さんが払う相続税は12万5,000円になります。

 

ではこの相続税の申告と納税はいつまでにすればいいかといいますと、
➡お父さんが亡くなった日から10ヵ月以内が
➡申告書の提出と納税の期限になります。

お父さんが住んでいた地域を所轄する税務署に作成した申告書を提出し、納税を行って下さい。

もし、
➡亡くなったお父さんの持っていた財産が、
➡質問者さんが貰った450万円を含めて
➡相続税の基礎控除以下なら

質問者さんが相続した450万円と他の財産について
➡相続税の申告と納税は不要

という事になります。

 

まとめ

まず、読者の方からの質問は、

 父が先日亡くなりました。
亡くなる前日に450万を手渡しされました。
この場合いくら税金を納めないといけませんか?
あといつ申告をしたらいいのでしょうか?

というものでした。

結論としましては、

贈与を受けた年に贈与者が亡くなった場合

贈与を受けた人が、亡くなった人の財産を相続するか、しないかによって
➡贈与を受けた財産に掛かる税金の種類が変わり
➡税額や申告期限も変わります。

質問者さんがお父さんの財産を1円も相続しない場合

亡くなる前日にお父さんから貰った450万円は贈与税の対象になるんですね。

➡今年の1月1日から12月31日の間に、
➡質問者さんが他の誰からも贈与を受けないなら
➡450万円に対する贈与税は41万円になりまして、
➡来年の確定申告の時期に
➡質問者さんの住所地を所轄する税務署に申告と納税が必要になります。

まぁ、お父さんの財産を1円も相続しないということはないと思いますので・・・

 

重要なのは、質問者さんがお父さんの財産を相続する場合

この場合、

亡くなる前日にお父さんから貰った450万円は、

➡贈与を受けたのではなく、
➡他の財産と併せて相続した事になり、相続税の対象になります。

ですので、質問者さんが貰ったお金は、
お父さんの財産に含めて相続税を計算することになるんですね。

その上で相続税が掛かるか掛からないかは、

➡亡くなったお父さんの持っていた財産が、
➡質問者さんが貰った450万円を含めて
➡3,000万円+600万円×法定相続人の人数という
➡相続税の基礎控除の額を超えるか超えないかで判断します

お父さんの財産が相続税の基礎控除以下なら

➡質問者さんが相続した
➡450万円とその他の財産に対して
➡相続税の申告も納税も必要ありません。
➡もちろん贈与税の申告と納税もいりません。

 

お父さんの財産が基礎控除以上でしたら


➡相続税の申告と納税を
➡お父さんが亡くなった日から10ヵ月以内に
➡お父さんが住んでいた地域を所轄する税務署に相続税の申告をして
➡納税をするようにして下さいね。

相続税が掛かるか・掛からないか
掛かるならいくらになるかは
家族構成・財産状況によって変化しますから

こちらの記事を参考に計算をしてみて下さい

この記事を書いている人 - WRITER -
秋山 清成
相続のご相談なら、秋山税理士事務所へ。国税局・税務署で40年以上相続を取り扱ってきた税理士が、相続対策や節税方法、相続税申告、贈与税についてのご相談など親切丁寧にサポートいたします。SRS(相続リモートサービス)にて全国のお客様に対応しております。どうぞお気軽にご相談ください。