贈与に係る料金表の詳細ページ

ABOUTこの記事をかいた人

秋山 清成

相続のご相談なら、秋山税理士事務所へ。税務署で40年以上相続を取り扱ってきた税理士が、相続対策や節税方法、相続税申告、贈与税についてのご相談など親切丁寧にサポートいたします。SRS(相続リモートサービス)にて全国のお客様に対応しております。どうぞお気軽にご相談ください。

    このページでは、秋山税理士事務所の料金表の中の

    ・『贈与税申告書の作成』
    ・『土地・建物の贈与(1画地のもの)3万円』
    ・『住宅取得資金の贈与 5万円

    についての詳細を記載しております。
    是非参考にしてみて下さい。

     

    贈与税申告書の作成

    パソコン用の画像 スマートフォン用の画像 贈与税申告書の作成は、贈与する金額には関係なく「料金表」のとおりの金額になります。

    贈与される財産が非上場の株式の場合は、「 非上場株式の評価」と同じです。

     

     

     

    土地・建物の贈与(1画地のもの)3万円

    パソコン用の画像 スマートフォン用の画像 画地とは、土地の評価上1個の単位とされる範囲をいいます。

    土地は登記簿上地番が付けられていますが、必ずしも1画地が1筆(1つの地番)の土地で構成されているとは限りません。
    1画地が数筆の土地で構成されることもあれば、
    1筆の土地が数画地で構成されることもあります。
    例をあげますと、ご自宅の敷地が姫路市佃町31と32の2筆で構成されている場合は、
    姫路市佃町31と32を1画地といいます。
    また、姫路市佃町31の敷地に自宅とアパートが建っているいるような場合は、
    自宅の敷地を1画地とし、アパートの敷地を1画地とします。
    税務署に提出する相続税や贈与税の申告書も画地ごとに計算して申告します。
    対象の土地等が2画地以上の場合は、1画地に付き1万円追加料金をいただきます。

     

     

    住宅取得資金の贈与 5万円

    パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

    父母や祖父母など直系尊属からの贈与により、自己の居住用に供する住宅用の家屋の新築若しくは取得又は増改築等の対価に充てるための金銭を取得した場合で、一定の要件を満たすときは、
    一定の非課税限度額までの金額について、贈与税が非課税となります。
    上記特例の適用を受ける贈与税の申告書の作成につきましては、5万円の料金をいただきます。

     

    相続に関する全記事はこちら
    贈与に関する全記事はこちら
    認知症対策に関する全記事はこちら
    相続についての耳より情報はこちら

    パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

     

     

    ※スマーフォンからの場合、アイコンをタップすると電話が掛かります。