相続解決事例ケース2(配偶者税額軽減)

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

このページでは、ケース2における、ご相談の流れ・最終的に当事務所にお支払頂く料金等のモデルケースを記載しております。

【 人物相関図 】
  A男 被相続人  (75歳)

  B子  配偶者  (69歳)
  C男  長 男  (44歳)
  D男  次   男        (40歳)
 

(このケースでは財産を配偶者が全て相続しています)

被相続人の総資産  1億5000万円
被相続人の総負債         0円

相続税の基礎控除額       4800万円
(3,000万+600万x法定相続人3人)
        ↓

相続税の課税対象価額  1億200万円
(1億5000万円ー0万円ー4800万円)
        ↓

 相続税の総額        1495万円
・(相続人(B子(配偶者)が納める相続税額   0円)
  ※全額 配偶者税額軽減により0円

・(相続人(C男(長 男)が納める相続税額    0円)
・(相続人(D男(次 男)が納める相続税額    0円)
        ↓

最終的に各相続人が遺産として受け取る合計金額 1億5000万
(1億5000万円ー0円(納税額))

当事務所へのお支払金額                               102万600円(税込)

 

着手内容・サービスの流れ

STEP1 ご相談・打ち合わせ

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

配偶者(B子)の方から電話での相続相談依頼。

双方の日程を調整の上、当事務所にて1時間半程の相談を受ける。

STEP2 相続税申告書類作成の為の資料収集

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

依頼者の方に
・固定資産税評価額の明細書
・戸籍謄本
・各種必要書類の
事務所への提出を依頼
 

提出頂いた資料より

A男さんの資産の内容としては、

・土地         3,000万円(路線価方式)

・現金、預貯金     6,000万円

・有価証券(株式・債権)5,000万円

・生命保険       2,500万円(控除額:500万円×法定相続人の数(3人)

 

以上1億5000万円

STEP3 相続税申告書の作成・提出

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

送付頂いた書類を基に申告書を作成

※このケース2の場合、相続する財産は、
全額 配偶者税額軽減で納税額を算定します

依頼者の方に完成した申告書の最終チェックと、印鑑での認印を頂く

 

相続税申告書作成についての詳細はこちら

STEP4 完了報告・相続税申告書の複写渡し

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

無事に申告書の作成が提出期限内に完了。

被相続人の実家の管轄である税務署に書類を提出

依頼者の方にも複写を渡し、業務完了

料金

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

・上記内容から、当該ケースの報酬と致しまして、

【無料相談(初回・初回以降) 0円】

【遺産分割協議書の作成  5万円】
【遺産総額1億5千万円以上~2億円未満の相続税申告書作成   85万円】
【相続人が3人目から1人増す毎に5%加算   5%】
【消費税  8%】

以上により、102万600円(税込)を報酬として頂きました。

 

 

相続に関する全記事はこちら
贈与に関する全記事はこちら
認知症対策に関する全記事はこちら
相続についての耳より情報はこちら

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

 

 

※スマーフォンからの場合、アイコンをタップすると電話が掛かります。