税務署で40年以上相続税を取り扱ってきた税理士が、相続対策にお悩みの方を親切丁寧にサポート。姫路で相続税なら、秋山税理士事務所へ。

姫路で相続税なら

秋山税理士事務所

〒672-8049 兵庫県姫路市佃町31 パークサイドツクダ205号室

業務時間:9時-20時(火ー日・祝日)
電話予約:9時-20時(火ー日・祝日
定休日 :   月曜日

お気軽にお問合せください

079-280-4749

トップページ

姫路で相続税なら、秋山税理士事務所へ

 代表の秋山 清成です

ホームページにお越しくださいまして、
誠にありがとうございます。
秋山税理士事務所代表、税理士の秋山 清成です。

 

当事務所は、税務署で40年以上相続税を
取り扱ってきた税理士が、

  • 相続税・贈与税について相談したい方
  • ご自身の相続及び相続対策にお悩みの方
  • 相続税申告にお困りの方
  • 相続税の節税方法を知りたい方


を親切丁寧にサポートする税理士事務所です。

地元・兵庫県姫路市を中心に、ご要望いただけました地域にお伺いいたします。
どうぞお気軽にご相談ください。

当事務所のサービス案内(現在の悩みをお選び下さい)

相続がすでに発生されている方

将来の相続をご心配されている方

相続税の申告期限が   「間近に迫っている・過ぎてしまった方」への優先対応

秋山税理士事務所が選ばれる理由

税務署で40年以上相続税を取り扱ってきた税理士

代表の秋山は、大阪国税局・税務署・国税不服審判所などの専門機関で40年以上、主に相続税を取り扱う資産課税部門で働いて来た、経験豊富な税理士です。
 

これまで、税務署において相続税に関する相談を
約5,000件、調査を500件超行ってまいりました。様々なケースを取り扱ってきた経験を活かし、皆様のお悩み解決をお手伝いいたします。

 

相続・贈与税専門の税理士事務所

相続税申告書作成には数多くの経験と知識が要求されます。

特に、土地などの不動産の評価や非上場株式の評価は特殊な分野で、長期間税務署の資産課税部門で仕事をしてきた税務職員でさえどのように評価すべきかと悩む場面があります。
 

また、不動産は高額ですから、相続税の評価の仕方を間違うとその差額は多額のものとなり、そのまま相続税額に跳ね返り余分な相続税まで納めるということになりますので、そうならないためにも経験豊富な税理士に相続税申告書の作成を依頼する必要があります。
 

その面からも、代表の秋山は大阪国税局・税務署・国税不服審判所において長期間相続税に従事して来ましたので安心してお任せください。

 

著書紹介

税務調査官の着眼力Ⅱ:間違いだらけの相続税対策』と題して、当事務所:所長、秋山清成の著書が中央経済社から発売されました。
 

私が国税局・税務署および国税不服審判所において、相続税・贈与税の担当者として経験した中から、特に印象に残っているものなどを記述して、皆様が「今、しておくべきこと」・「その時、どうすべきか」ということを本書によって疑似体験して頂き、皆様の相続争いを避けるがための参考や正しい相続税の節税策を行うための一助になればと思い執筆したものです。

 

相続や相続税などで不安を感じておられる方などに、ご自分が実際に相続を経験される前に読んでいただければ必ずや参考になりますので、是非ともご購読くださいますようお願い致します。

 

分かりやすい料金設定

どれくらい費用が掛かるのかが分からない
・相談に行くだけで多額のお金がかかるかも
・いくらくらいでどの様な事をしてくれるのか
・最終的な成功報酬の額が分からず
予算が組めない。
 

等の、お客様の疑問や不安に出来るだけお応えすべく、当事務所ではサービスに係る料金の全てを
分かり易く、詳細にまとめております。
 

さらにサービス毎にどのようなアプローチをさせて頂くのかも明文化しておりますので、
是非、参考としてお役立て頂ければ幸いです。

 

ケース別解決事例で見る料金案内

相続解決事例ケース1

 この段落では、当事務所の解決事例の
ケース1」における、
ご相談の流れ・最終的に当事務所にお支払頂く
料金等のモデルケースを記載しております。

 【 人物相関図 】
  A男 被相続人
  B子  配偶者
  C男  長 男

 

(このケースでは財産を法定相続分で相続しています)

被相続人の総資産  6,500万円
被相続人の総負債     0万円

相続税の基礎控除額 4,200万円
(3,000万+600万x法定相続人2人)
        ↓

相続税の課税対象価額  2,300万円
(6500万ー0万ー4200万)

        ↓

 相続税の総額             122,5万円
・(相続人(B子(配偶者)が納める相続税額   0円)
  ※配偶者税額軽減により0円

・(相続人(C男(長 男)が納める相続税額  122.5万円)
        ↓

最終的に各相続人が遺産として受け取る合計金額 6,377.5万
(6,500万円ー122,5万円(納税額))


当事務所へのお支払金額   59万4千円(税込)

 

ケース別解決事例で見る料金案内(まとめ版)

上記ケース1で記載しております通り、
当事務所がこれまで携わって参りました
相続・贈与についての案件を、
匿名性を考慮した上で、内容を少し変更した
モデルケースとして作成し、
 

ケース毎に、
どの様な手続きが行われるのか
必要な書類はどの様な物か
最終的に当事務所にお支払い頂く費用は
いくらかを、

分かり易くまとめておりますので、
ご相談・ご依頼頂く際の参考にして頂けたら幸いです。

 

 

 

お客さまの声

姫路市 網干区       Y様 女性

無事解決する事が出来て本当に良かったと思っています

1当事務所に訪問された当初、何に悩んでおられましたか?     A,相続について

2当事務所に訪問されるきっかけになった物は何ですか?       A,ホームページ

3当事務所に訪問される決め手になった物は
何ですか? A,代表税理士の経歴
                                 A,事務所の立地
                                 A,HPが充実

4実際に初回の相談を受けられて如何でしたでしょうか?

A,税理士事務所に相談するのは初めてなので、最初は不安でしたが、訪問後は不安が軽減し、秋山税理士さんにお任せしようと思いました。

5初回の相談から、お悩みの解決までの当事務所の対応は如何でしたでしょうか?

A,とても話しやすく、どんな細かい悩みにもていないに相談にのって頂き
心強い思いで、無事解決する事が出来て本当に良かったと思っています。




-------------------------------------------------------------
Y様
この度はアンケートにご協力頂き誠に有難うございました。
名義預金につきましては、税務調査で今一番調査されていますので、
その判定が最も重要なところです。

私の経験を踏まえ調査官目線で判定しましたが、ご納得いただける判定になって大変良かったと思います。                           

また、何かご不明な事柄がございましたら、お気軽にお電話・ご訪問ください。
 

代表税理士 秋山清成

 

2016.12.17  Y様 女性

2016.11.25  K様 男性

2016.11.9
 H様 女性

相続の手続きを自分でやってみよう

・初めて相続が発生してしまい、右も左も分からない
・故人が遺してくれた財産の把握の仕方が分からない
・財産が把握出来ても、相続税の申告が必要なのか
 判断が付かない
・専門家に連絡を取る前に相続について
ある程度の知識を付けたい
 

という方の為に、
故人の残された財産の把握方法~相続税額の計算方法
までの手順を掲載しております。

相続税額の計算方法等も記載しておりますので、
実際に故人の方が遺してくださった遺産はいくら位になるのか?
また、その遺産に対して相続税が掛かるのか?
掛かるのであれば概算どれくらい掛かるのか?
ご判断頂ければ幸いです。

 

 

 知らないと損をする相続・贈与税

知っていると得をする相続・贈与税

相続・贈与についてのQ&A

Q
家族の遺産に対して相続税が掛かるかどうかが判断出来ません、どうすればよいでしょう?


Q

相続税と贈与税、税金面で得なのはどちらですか?

Q
我が家には大した資産はありません。

そんな家庭には遺言書の作成は必要無いでしょうか?


等の、
皆様が相続・贈与で感じる不安や疑問を、下記[詳細はこちら]のページにて
Q&A方式でお答えしておりますので、是非ご一読下さい。





 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

079-280-4749

業務時間:9時-18時(日・祝日を除く)