姫路で相続のご相談なら秋山税理士事務所へ(相続専門)

名義預金の調査手法と税務署から名義預金と疑われない為の5つのポイント!【国税OBが語る】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
秋山 清成
相続のご相談なら、秋山税理士事務所へ。国税局・税務署で40年以上相続を取り扱ってきた税理士が、相続対策や節税方法、相続税申告、贈与税についてのご相談など親切丁寧にサポートいたします。SRS(相続リモートサービス)にて全国のお客様に対応しております。どうぞお気軽にご相談ください。

いま相続税の税務調査で、税務署が最も力を入れているのが、

今回のテーマでもある『名義預金』に関する調査です。

この『名義預金』というのは、どういったものかと言いますと、

➡預金口座の名義人と、

➡実際に預金をしている人、

これが異なる預金のことを、他の人の名義を使った預金、つまり『名義預金』といいます。

 

今回の記事では、この名義預金について、

1⃣知らず知らずに名義預金になってしまうあなたの間違った行動

2⃣税務署から名義預金として疑われないために気を付ける「5つのポイント」

3⃣実際に税務調査官が行っている名義預金の調査手法

4⃣既に行ってしまっている名義預金を今からリセットする方法という

4つのテーマに沿ってお話していきたいと思います。

 

【この記事の内容を動画で見る】

この記事と同じ内容を、【動画】でも見て頂けます。

記事を読みたい方は、このまま下に読み進めて下さい。

 

 

名義預金ってなんぞや?

まずは『名義預金』というモノについて、もう少し具体的に説明しますと、

まず、Aさん家族がいたとしまして、

Aさんがある日、奥さんや子供さんに対して生前贈与でお金をあげたとします。

 

そのお金は奥さんや子供さん名義の口座に入金していたのですが、

➡この口座はAさんが2人に黙って新規で作った口座で

➡奥さんや子供さんはその自分名義の口座の存在自体を知りませんでした。

 

➡勿論Aさんとは、お金をあげる・貰うという贈与契約もしていませんし、

➡2人の口座を作る際に必要な印鑑なども、Aさんが自分の印鑑を使っていました。

 

そしてAさんはこの口座に、生前贈与としてお金を入金し続けた。

こういったものが、いわゆる『名義預金』というものです。

口座の名義自体は奥さんと子供さんなのに、実質的に口座に預金・管理しているのはAさん、ということなんですね。

 

そしてこれが、Aさんが亡くなった後に発生する相続において、

➡この預金口座の本当の名義人は誰なのか?

➡この預金口座のお金は本当は誰の財産なのか?

という、大きな問題になるんです。

 

中には相続税の節税をしようと故意に家族名義の口座を作って、過剰な節税を試みる人もいるんですが、

 

逆に本当に真心から奥さんや子供さんにお金を遺したくて、

名義預金になるとは知らずに家族名義の口座を作り、お金を振り込んでいしまっていたという方もいます。

 

ですので、あなたの行う家族の為の預金や贈与が、税務署から『名義預金』だと追及されない為にも、この記事を最後までしっかりと見て対策をとって頂けたらと思います。

 

 

①知らず知らずに名義預金に該当してしまう間違った行動

もしも、あなたが良かれと思って取った行動が、

結果的に税務署から『名義預金』であると指摘されるケースとは一体どんなものがあるのでしょうか?

具体的に以下の2つのケースで紹介していきます。

1⃣夫名義の口座から、徐々に妻名義の口座にお金を移動させる

2⃣基礎控除の範囲内(110万円)で子供や孫名義の口座に毎年預金をしている

 

 

夫名義の口座から、徐々に妻名義の口座にお金を移動させる

 

まず1つ目、

例えば、夫婦間でお互いの財産の線引きがあやふやになっている場合なんですが、

ご主人の給与収入を預けている預金口座を、

奥さんが管理・運用している、

このようなご家庭というのは多いかと思います。

 

この場合、奥さんが運用していても、口座の名義がご主人の名義のままでしたら何の問題もないのですが、

➡徐々に『へそくり』として奥さん名義に移行して行ったり、

➡あるいは急に奥さん名義の預金にする。

そしていざ、ご主人に相続が発生したという時点で、奥さん名義で相当の預金が作られていた。

 

こういった場面を私自身沢山見て来ましたが、

これは税務調査に入られたときに高確率で旦那さんの預金であると、調査官から追及を受けることになります。

 

 

基礎控除の範囲内(110万円)で子供や孫名義の口座に毎年預金をしている

次に2つ目のケースですが、

これは親や祖父母が、子供や孫の将来の為を思って、

➡こっそりと贈与税の基礎控除である110万円の範囲内で、

➡子供や孫名義で毎年預金を繰り返されている場合なんですが、

 

こういった場合税務署は、

➡この預金は本当は誰のモノなのか?

➡実質は贈与をした方の預金ではないのかと、

こういったことを問題にします。

 

こういったケースで非常に多いのが、

➡所謂110万で毎年贈与するという贈与の『形』は整っているんですが、

➡実質は正式な贈与にはなっておらず、

親や祖父母が行った贈与は、本当は単に『贈与したつもりになっていた』という場合です。

 

贈与契約と言うのは、贈与者と受贈者がお互いに

➡「贈与をします」

➡「はい、贈与を受けます」

という、双方の合意の元で行われるものですから、

 

そもそも子や孫に対して、相手の了承を得ずに行った贈与というものは『無効』なんですね。

 

こういったケースにおきましても、税務調査時においては、

➡贈与された預金は子や孫のモノではなく、

➡実質は親や祖父の預金ではないのかと、

調査官から追及を受けることになります。

 

この場合、調査官は子や孫に「何時貰ったのか」や「預金通帳や印鑑の管理状況」などを直接追及したりもします。

 

【二十歳以下の未成年者への贈与の場合

ですが少し判断が難しいのが、預金の名義人が二十歳以下の未成年者の場合です。

この未成年者の預金ですと、ある程度の年齢までは子供の預金を親が管理しておくというのは、分からないことではないですよね。

 

なにせ一回だけでも110万円なんて大金を中学生や高校生に持たせたら、逆に悪影響を与えるかもしれませんので、

そういうものは親が管理していても、これは親が管理してるから親の預金っていうのは難しい所なんです。

 

【既に嫁いでいて両親とは離れて暮らしている娘さんの場合

ですが中には既に嫁いでいて、両親とは離れて暮らしている娘さんの預金通帳や印鑑を、親御さんが管理されてるというケースもあるんですが、

そういった自分達とは離れて暮らしている子や孫の預金通帳や印鑑まで、贈与者が管理しているというのであれば、

これは税務署から「はい、名義預金ですね!(実際は贈与をした方のものですよね)」と指摘されても、なかなか反証は難しいと思います。

 

 

②税務署から名義預金として疑われ無いために気を付ける「5つのポイント」

この様に、家族のことを思って良かれと思ってやった行為でも、

キチンとした手順を踏まずに贈与や預金を行ってしまうと、

それが知らず知らずの内に名義預金に該当してしまうんです。

 

ですので、ここからは、

あなたの行動が将来『名義預金』として税務署に追及されない為に、

名義預金として疑われ無いために気を付けるべき「5つのポイント」について、説明して行きたいと思います。

 

ポイント1:預金の管理運用は子や孫がしていたか

 

「通帳・カード・印鑑」

これをキチンと子・孫が管理しているのかを、改めて一度確認しておいて下さい。

 

 

ポイント2:届出印は贈与者と受贈者(贈与を受けた人)で違うモノを使っているか

 

子や孫の通帳を作った際の届出印は、キチンと子や孫の物を使っているでしょうか?

贈与者の印鑑で通帳を作っていないかを確認しておいて下さい。

贈与者の方が子や孫の印鑑をそれぞれ新しく作成していたとしても、それが余りに複雑で似通っていると、口座の継続手続きなどで印鑑を取り違えてしまう可能性があります。

税務署はこういったところも見逃しません。

 

 

ポイント3:口座作成時の届出住所は子や孫の住所になっているか

 

例えば、嫁いだ娘や家を出た次男などが口座を作ったなら

届出住所は家を出た先の住所地でないとオカシイですよね。

ですが、それが実家の住所のままになっているとか、

中には嫁いだ娘の口座の名義が旧姓のままになっているというものもありました。

ですので口座作成時の届出住所も、キチンと確認をしておいて下さい。

 

 

ポイント4:預金の利息は子・孫の口座に移っているか

 

定期預金などの利息を誰が受け取っているのかも、名義預金を疑われるポイントになります。

利息が贈与者の普通預金に入金されている。

こういうものは名義預金と判断される可能性があります。

 

 

ポイント5:110万円を超える贈与を行った場合、子や孫が贈与税の申告をしているか

 

これも、子や孫がキチンと贈与税の申告を行っているかによって、

お金をあげます・貰いますというお互いに贈与の認識があったのかなどを調べられます。

 

贈与税の申告というものは、原則的にお金を貰った本人が行わなくてはいけませんから、

贈与をした親や祖父母が、勝手に子や孫の贈与税の申告をしていた場合は、

贈与は成立したことにはならず、

子供名義の口座入っているお金は『名義預金』と判断されてしまいます。

 

たまに111万円という、110万円を1万円だけ超えた贈与を行い、

贈与税の申告書と共に贈与税を1,000円だけ払って、完璧な贈与の証拠を作ったと思われている方もいますが、

先程お話した様に、その贈与税の申告自体を贈与をした親や祖父母が行っていた場合は、

いかに贈与税の申告書を提出し、税金も納めたという証拠を作っていたとしても、それは贈与とはみとめられませんので、気を付けておいて下さい。

 

何度も言っていますが、贈与の契約というものは、

お互いにお金をあげた・貰ったという契約の元で成り立つものですので、

親や祖父母だけが一方的に贈与を行ったという形を作り、

税務署に贈与税の申告をすれば完璧と、こういったものではございません。

 

また、お互いに贈与契約の意思があったとしても、

先ほど説明した1から4の項目に不備がありましたら、

贈与税の申告をして税金を納めていても全く意味がありませんので、その点も併せて注意が必要です。

 

 

③実際に税務調査官が行っている名義預金の調査手法

ではここからは、税務署はどうやって名義預金の調査をしているのか。

実際に私が税務調査官時代に行っていた手法を紹介していきたいと思います。

 

調査の対象になった方は下の図のような家族構成だったとして、お話をすすめます。

 

亡くなったAさんには、奥さんと2人の子供がいました。

長女は結婚して他県に住んでいて、子供もいました。

長男は実家を出て1人暮らしをしています。

妻と2人の子供、それと孫1人。こういった家族構成ですね。

 

まず税務調査官は、税務署に提出された相続税の申告書と、既に把握している被相続人の資産状況とを照らし合わせまして、

被相続人の預貯金が少ないなと、こうなった場合には、

➡その資金はどこに行ったのか。

➡亡くなったAさんから、奥さんや子供へ資金が流れた(の名義預金があった)のではないかと疑います。

 

そしてその後、亡くなったAさんから相続人へのお金の流れを掴むため、

金融機関の照会で、銀行や証券会社などから、この一家の取引明細を入手するんですが、

いまは便利ですね、パソコンがありますから。

パソコンが無かったら、とても無理なことなんですが、

 

家族の取引内容、これを、

➡金融機関名

➡年月日

➡預金者名

➡金額と

全てパソコンに入力します。

それで家族全員を入力しましたら、年月日でソートかけるんですね。

 

そうしましたら、家族の預金の取引内容が日付順に全て表示されますから

「資金の流れ」、これが一目瞭然で判断できるんです。

 

亡くなったAさんから長男への資金が流れているとか

長男からAさんに資金が戻っているとか

中にはAさんから長男に流れた資金が長女に流れているとか

Aさんから長男と長女に流れた資金が同じ日に現金出金されているとか

いろいろ見えて来ます。

 

長男と長女が同居していなければ同じ日に現金出金など考えらえない事ですよね。

贈与者であるAさんが何らかの理由でお金が必要だったために、自分で管理していた子供名義の預金を使ったな

このような想像ができます。

 

こうなりますとAさんが預金を管理していたことは見え見えですよね。

 

このように、名義預金が行われている家族間のお金の管理というのは、

往々にしてどんぶり勘定が非常に多いんです。

どんぶり勘定というのはどういうことかと申しますと、

 

➡一旦子供に贈与している預金を親が使っているとか、

➡子ども名義の株式を売ったお金で、親名義や他の子供名義の株式を買っているとか、

このようなモノを税務署内部では「家族間で資金交流がある」と言っています。

 

このようにパソコンを使って

➡家族間の「資金交流」を確認し、

➡銀行や証券会社に調査に入り、

➡届出印鑑、届け出住所、継続の更新などは誰がしていたか

を確認するんです。

 

また、証券会社に対してのアプローチなんですが、

証券会社は銀行と違って顧客の〝担当者〟を決めておりますので、

証券会社の担当者に直接会いまして、

誰が証券売買の手続きや連絡をしていたのか、などを直接担当者を追及したりもしました。

 

このような調査をして、

➡子供や孫の名義を使用していただけだったのか、

➡本当に贈与があったのか、

これを見極めて、相続財産なのか子どもや孫の本人の物なのかを判断します。

 

繰り返しになりますが、あくまでも贈与というのは、

贈与者が「あなたにお金を差し上げます」

貰う方が「はい、頂きます」

この形式を取った、民法上の契約ですので、

 

この部分を外さずにいて頂かないと、

➡贈与者が相手に黙って勝手に贈与を行い、

➡銀行印も銀行カードも全部管理していらっしゃったら、

税務署の調査におきまして、

「それは贈与した物」ではなくて、「ただ贈与したつもりだったんですね!」

と判断されてしまいます。

 

そしてその上で、

「実際の預金は亡くなった人のモノだから、キチンと相続財産に含めて下さい」と、

こう指摘をされるケースがありますので、十分にご注意頂きたいと思います。

 

 

④既に行ってしまっている名義預金を今からリセットする方法

さて、ここまでの話を見て来られて、

「もしかしたら自分の家の預金は名義預金に該当しているかもしれない!」と、不安に思われた方もいらっしゃるかと思います。

 

ですのでここからは、

➡既に行ってしまった名義預金をどうすれば良いのか?

➡今からリセットをするのなら、どの様な方法で行うべきなのかを

解説をしていきたいと思います。

 

 

あなたの預金が名義預金に該当するかをチェックしよう

 

まずは先程の、名義預金と疑われない為の5つのポイントのおさらいなんですが、

①預金の管理運用は誰がしていたのか。

②届出印は贈与者と受贈者(贈与を受けた人)で違うモノを使っているか。

③口座作成時の届出住所は子や孫の住所になっているか。

④定期預金の利息は子・孫の口座に移っているか。

⑤110万円を超える贈与を行った場合、子や孫が贈与税の申告をしているか。

 

この5つの項目を全て正しく行っている方は、名義預金に関しては何も問題はありません。

しかし、5つの項目のうち幾つかの項目に該当してしまい、

「もしかしたら、うちの家族の預金は名義預金にされるかもしれない・・・」

こう思われた方は、

これから説明する「既に行ってしまっている名義預金を今からリセットする方法」を見て、是非対策をして頂ければと思います。

 

 

既に行われた名義預金の対処方法とリセット方法

名義預金の可能性がある場合の対処方法としましては、

皆さんの預金が先程の5つの項目の内、

どの部分に問題があるのかによって、具体的な対処方法は変わって来ます。

 

もし問題があるのが1項目の、預金の管理運用面【だけ】だった場合、

この場合は、口座の名義人本人が預金通帳や印鑑、カードを管理する様にして下さい。

 

次に、

➡2項目~5項目めのうち、どれか1つでも当て嵌ってしまった場合なんですが・・・

残念ながらこの場合は、

名義預金となっている口座を活用し続けるのは、難しいと言わざるをえません。

 

「どうしても、キチンと生前贈与をしたい・贈与を受けたい」と言う事であれば、

➡名義預金となっている口座から、

➡贈与者の口座に預金を戻して、

➡一度預金をリセットした上で最初から改めて贈与を始められた方が良いでしょう。

 

何故かといいますと、

そもそも元の預金が名義預金と疑われる預金口座だった場合、

 

➡今後改めてキッチリと贈与契約書を作ったとしても、

そして契約書通りにお金を振り込む形の贈与を繰り返したとしても、

将来の税務調査時に、令和元年以降はキチンとした贈与をしていますと主張したところで、

元の預金がそもそも名義預金なんですから、税務署への理解を求めるのは苦しいんです

 

ですので酷な話になりますが、

一度あなたや、あなたの家族の預金をリセットした上で、

改めて最初から贈与を始められた方が良いですね。

 

では、どうやって名義預金をリセットすれば良いのかと言いますと、

現在子供や孫名義になっている預金を、

贈与者である祖父母、父母の口座に全て戻せば良いんです。

こう言いますと、多くの方から、

「子供や孫名義の預金を、贈与者である親や祖父母の預金に戻すとなると、

税務署はそれを子どもや孫から、祖父母や親への贈与として、贈与税を掛けるんじゃないんですか?」

こういった質問が出て来ます。

 

ですがこれにつきましては、過去の記事でも言っていますが、贈与税は相続税の補完税という基本理念がありまして、

贈与税というものが無ければ、資産家は生きている内にドンドン子供や孫に自分の財産を渡せば、

相続税なんて掛からない訳ですから、それを防ぐために贈与税があるんですね。

 

ですから税務署は、将来の相続税が減るような行為には厳しいんですが、

預金を祖父母や親に戻すという行為は将来の相続税が増える行為ですから、

子供や孫の預金を祖父母や親に戻したとしても、贈与税を課税することはありませんので、安心して下さい!

 

税務署は途中の過程はどうであれ、最終的に相続税で税金を納めてくれれば良いと思ってるんですね。

 

ですから「うちは、名義預金と疑われる5つのポイントに当て嵌まっている」と、

認識されている方につきましては、一度その預金を贈与者の口座に戻されて、

そこから再び5つのポイントに沿って贈与やお金の授受を行って頂ければ、税務署は何も言って来ませんので、是非検討をしてみて下さい。

 

最後に、今から贈与をお考えの方、それと既にお金の贈与を受けられた方に対してのアドバイスになるんですが、

まずは、今から贈与をお考えの方は、

➡お子さんやお孫さんの預金口座を新たに作らずに

➡今お子さんやお孫さん本人が管理している口座に、あなたの口座から、お金を振り込むようにして下さい。

 

そうすることにより、今回の記事で説明しました5項目のうち、①~④までの間違いを回避することが出来ます。

また、既にお金の贈与を受け取られている方は、贈与を受けたお金の使い方に注意が必要です。

 

意外と贈与を受けた方というのは皆さん、その口座の中の預金を手付かずのまま置いておく方が大半なんですね。

ですがこれは税務署目線からすれば

「貰ったのに全然使われていない」というのは不自然で、

「この預金は名義預金なんじゃないか?一度調査してみようか」ということになりますので、

貰ったお金の無駄遣いはダメですが、

出来ればお金を貰った方の、

➡家庭の公共料金の引き落し口座であるとか、

孫の口座であれば、その口座からお金を引き出して、学用品の購入に充てているとか、

この様に、手つかずのまま貰ったお金を置いておくよりも、

ちょくちょく引き出されている方がよりベターですね。

 

 

こういうものは、ご自身が税務署目線で見たらどの様に見えるかを考えられると、更に良く見えると思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
秋山 清成
相続のご相談なら、秋山税理士事務所へ。国税局・税務署で40年以上相続を取り扱ってきた税理士が、相続対策や節税方法、相続税申告、贈与税についてのご相談など親切丁寧にサポートいたします。SRS(相続リモートサービス)にて全国のお客様に対応しております。どうぞお気軽にご相談ください。