姫路で相続のご相談なら秋山税理士事務所へ(相続専門)

【国税OBが語る】コレが調査官が行う相続税の調査選定の手法だ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
秋山 清成
相続のご相談なら、秋山税理士事務所へ。国税局・税務署で40年以上相続を取り扱ってきた税理士が、相続対策や節税方法、相続税申告、贈与税についてのご相談など親切丁寧にサポートいたします。SRS(相続リモートサービス)にて全国のお客様に対応しております。どうぞお気軽にご相談ください。

相続税はお金持ちだけにかかる税金、多くの方がまだこういう認識を持たれていると思うんですが、実はもう違うんです。

平成27年1月1日から相続税の基礎控除が引き下げられたことにより、市内にちょっとした土地・建物を持っていたら、もうそれだけで相続税の対象となってしまう、こういったケースが平成27年の税制改正以前と比べて2倍に増えたんですね。

 

さらに税務署は、この2倍に増えた部分、『ぎりぎり基礎控除を超えるような相続税の申告』に対して、今かなり目を光らせてチェックをしています。

ですから、富裕層の方達はもちろん、相続税がかかるかかからないかのギリギリの方達にとっても、

『税務調査というものはいつ来てもおかしくないもの』、こういった認識を持って頂きたいんですね。

 

その上で今回の動画では、税務調査官はどの様な基準で皆さんから提出された申告書をチェックし、調査対象に選んでいるのか、この部分について詳しく解説をして行きたいと思います。

この記事内容を動画で見る

この記事と同じ内容を、【動画】でも観て頂けます。

記事を読みたい方は、このまま下に読み進めて下さい。

 

 

調査選定の手法

私は、約40年ほど国税局や税務署に勤めておりまして、税務調査官時代には皆さんから提出された申告書を確認して、税務調査をするかしないかを判断する、『申告審理』と呼ばれる事務を約2万件処理しました。

 

この申告審理という事務は、税務調査官の中から担当を決められて処理するのですが、

・ここで調査の必要ありと判断した申告案件は、税務調査官に振り分けられて、
・皆さんのところに調査官がやって来る、ということになります。

 

では実際に調査官が、皆さんの申告書をどの様にチェックし、どの様な基準で『調査の必要あり』と判断するのかについて、今回は現金・預金の部分に絞って解説をして行きます。

 

調査選定を行う際の5つの手順

ではまず最初に、税務調査官が行う調査選定のザックリとした手順を紹介しますと、

①最初に、亡くなった方が生前に蓄財できたであろう現金・預金額の目安をつけ、
②そこから被相続人の大体の財産額を計算します。
③その上で申告書に書かれている財産額と、上の②で計算した大体の財産額を比較する、
④そこで怪しければ、亡くなった方と相続人の預金を金融機関に照会して、
⑤家族間の資金移動があれば、相続人の過去の申告内容(贈与税・所得税)を確認する。

こういった5つの手順に沿って、提出された申告書を『調査対象にするか・しないか』を判断します。

 

ではもう少し具体的に、こちらのモデルケースを用いながら順を追って説明していきますね。

まずここに相続税の申告書が提出されました。

・亡くなった方は83歳の夫で、
・相続人は妻と子供一人、
・財産は自宅6000万円で、この中で預金は1000万円、このように記載されています。

これを先程説明した、1から5の手順に当てはめながら解説します。

 

手順1 被相続人が生前に蓄財できたであろう現金・預金額の目安を付ける

まずは、手順1の生前に蓄財できたであろう現金・預金額の目安ですが、相続税がかかるような方というのは、生前に何らかの税金の申告をされている方が殆どです。

例えば、
・本業以外に株なんかで儲けたとか、
・親族からから贈与を受けたとかですね。

税務署では、そんな過去の申告内容から、
・亡くなった方の収入から、
・生活費やこれまで支払ってきた税金などを差し引いて、
1年間で現金・預金がどれくらい蓄財出来るのかを計算します。

その上で定年退職する前、あるいは亡くなる前の10年間で、どれくらいで現金・預金を蓄財できたかの目安をつけるんです。

ここまでで、この方の過去の申告内容から見て、この人の収入なら現金・預金で5000万円は、蓄財できただろうと判断します。

 

手順2 被相続人の大体の財産額(現金・預金)を計算する

こうやって 亡くなった方が生前に蓄積できたであろう目安が出せたら、次は手順2において、被相続人の大体の財産額を計算します。

その際に用いるのが、国税総合管理システム通称「KSK」と呼ばれる大型コンピューターでして、この中には皆さんが大きな買い物をしたというような情報なども登録されているんです。

さてこの大きな買い物の情報といいますのは、
・家を建てたであるとか、
・土地を2,000万円で買ったという情報なんですが、

こういった情報を元に先ほど目安をつけた、
・生前に蓄財できたであろう財産から、
・大きな買い物の金額を差し引いて、
その上でだいたいの現金・預金の額がいくらになるのか、というのを出すんです。

KSKで確認したところ、この方は過去に2,000万円の買い物をしていたので、
・蓄財出来た財産5000万円から2000万円を引くと、
・この方の現金・預金は、だいたい3000万円だと試算出来ました。

 

手順3 申告書の内容と概算財産額を比較する

さあではいよいよ次は、相続税の申告書に記載されている現金・預金の額と、ここまでの手順で把握した概算財産額を比較するのですが、
申告書には預金が1,000万円と記載されているだけですね。

税務署側で計算した現金・預金の額が3,000万円だったので、その差は2,000万円にもなります。

そこで税務職員は、「あれ、これは怪しいな」となるんです。そこで今度は、相続人の預金を金融機関に照会します。

 

手順4 関係者の預金を金融機関に照会する

税務署は、被相続人の預金情報は勿論のこと、
・亡くなった方の配偶者、子供、孫などの預金情報も、金融機関から取り寄せることが可能です。

ですので金融機関に照会をし、亡くなった方と相続人の間でお金の流れがなかったか、使徒不明の出金がないかなどを確認します。

さて金融機関から返ってきた照会内容を見ますと、妻は、あまり預金を持っていない。

しかし子供は、まだ若い割に、異常に預金を持っている。

ここで、ひょっとしたら亡くなった方の預金は、子供に贈与されたのでは、という考えになるんですね。

そして相続人から贈与税の申告書がきちんと提出されているのか、これを確認します。

 

手順5 相続人の過去の申告を確認する

ここでですね、贈与税の申告書がきちんと提出されていて、
・相続税の申告書に記載されていた『亡くなった方の現金・預金額』と、
・税務署側で計算した現金・預金の財産額について、
その2,000万円の差を解明することができれば、このケースは調査対象にはならないわけですが、確認をしてみたところ、この一家からは過去に贈与税の申告書は出ていませんでした。

さあ、では2,000万円のお金は、どこに行ったんだ、ということになるんです。

とまあ、現金・預金の場合については、こんなような感じで、税務署が試算した相続財産と、税務署に提出された申告書の申告額の差が大きかったり、使徒不明の多額の出金があったりすると、今回のように調査対象として選ばれてしまうんですね。

今回2,000万円の買い物をした、という設定でお話しましたけど、実際には、大きな買い物をしていないことの方が多いので、その差額はもっと大きくなります。

そうなると、より調査対象に選ばれやすくなるんですね。

このようにして調査の必要あり、と判断した申告案件は、税務調査官に振り分けられて皆さんのところに調査官がやって来るということになります。

 

ですので亡くなった方の預金などで、
・相続人や税理士でも解明できなかった『使徒不明の高額な出金』があったりだとか、
・亡くなった方が勝手に家族名義を使った預金(名義預金)があれば、
あなたの家庭は調査対象として選ばれてしまう可能性が高いですので、相続専門の税理士に今後の対応などを相談しておかれた方がいいかもしれませんね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
秋山 清成
相続のご相談なら、秋山税理士事務所へ。国税局・税務署で40年以上相続を取り扱ってきた税理士が、相続対策や節税方法、相続税申告、贈与税についてのご相談など親切丁寧にサポートいたします。SRS(相続リモートサービス)にて全国のお客様に対応しております。どうぞお気軽にご相談ください。